部屋を借りる時の初期費用|引越し代を浮かせるコツ|安いに越したことはない
家具を積んだトラック

引越し代を浮かせるコツ|安いに越したことはない

部屋を借りる時の初期費用

カップル

初期費用の内訳

新しい賃貸マンションに引越しをするときには、初期費用がかかります。基本的に必要になるのが、「敷金・礼金・仲介手数料」です。関西などの一部地域では、保証金や敷き引きなどとも言われています。敷金は退去時に返金されるお金です。綺麗に部屋を使っていれば、全額返金されます。礼金は家主への謝礼金です。仲介手数料は不動産会社へ支払う成功報酬になります。また、無事に部屋が決まったあとには、引越し業者を決める必要があります。引越し業者によって費用が違うので、あらかじめ見積もりをしておくことが大切です。単身引越しの場合は、シングルパックなどの単身引越しプランがある業者がお勧めです。シングルパックで荷物を減らせば費用が安くなります。

安く借りるコツ

このように引越しをする際には、何かと出費がかさみます。少なくとも借りるマンションの家賃の半年分は用意しておく必要があります。しかし、いろいろと工夫することで、初期費用を抑えることが可能です。最近は敷金・礼金なしの賃貸マンションが多くあります。そうしたマンションを借りると、だいぶ初期費用が浮きます。仲介手数料が半額または無料のマンションもあります。仲介手数料は普通家賃1か月分なので、無料であればかなりお得です。また、フリーレントのマンションも最近人気です。フリーレントマンションとは、最初の1ヶ月や2ヵ月家賃が無料のマンションです。高級マンションほどフリーレント制の所が多く、予算を抑えて入居できます。