ファミリー

引越し代を浮かせるコツ|安いに越したことはない

安く済ませるコツ

男の人

物件選びのポイント

安い費用で引越しできるかどうかは、物件選びの段階で決まります。どこにあるどんな物件に引越しをするかどうかで、引越し費用がだいたい決まるからです。当然ですが、移動する距離が長くなると、それだけ費用が高くなります。安い費用で済ませたいなら、なるべく現住所から20キロ圏内にある物件を探すのがお勧めです。同一市内ならシングルパックで1万円〜2万円で引越しができます。エレベーターがない2階以上の部屋を借りると、荷物を運ぶのが大変なので費用が高くなります。エレベーターがないマンションなら、1階の部屋を借りれば2階以上より安くなります。また、2階以上の部屋を借りるなら、エレベーターつきにすることが大切です。

荷物の梱包

運搬する荷物の量も、引越し費用を左右します。部屋が決まったら、今度は荷物を早めに整理しておく必要があります。不用な雑誌やバッグや洋服などは、フリーマーケットに出すと意外と高く売れることもあります。安い費用で引越しをするには、梱包は自分でするのが基本です。大きな引越し会社なら、梱包用の段ボールを無料で用意してくれます。シンプルパックの場合は、大小10枚程度の段ボールがもらえます。また、引越し後の段ボールの回収も無料です。赤帽などの安い引越し屋さんの場合は、段ボールを用意してくれないのが普通です。そのため、自分で手配する必要があります。段ボールは購入するよりも、スーパーに行って無料でもらうのがお勧めです。

お得に利用できるプラン

男の人

単身パックは一人暮らしの引越しがリーズナブルになる引越しプランです。荷物の量に制限がありますが、定額なので安心して利用できます。一人暮らしでも引越し準備は一日ではできないので、計画的にすることが大切です。

もっと読む

作業に入る前に

作業員

引越し業者の料金設定は、荷物量、距離、引越し時期によって違いがあります。利用を考えている人は、事前に情報を集めて安く引越しができるように検討しておきましょう。キャンペーンなどを利用すると、さらに安くなる場合もあるので注意して探しましょう。

もっと読む

部屋を借りる時の初期費用

カップル

賃貸マンション探しをする前に、しっかり予算を確保しておくことが大切です。賃貸を借りるには、敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用が必要になります。また、引越し費用も必要です。借りるマンションを選ぶことで、初期費用を節約できます。

もっと読む